反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:女子高生 ( 14 ) タグの人気記事

塾の先生との面談で
チャ子は「歌手になりたい」という夢をあきらめました。

詳しく書くと、個人名にたどりついてしまうので、
ここでは詳細は伏せておきます。

とにかく、チャ子の考えが一掃されるような
そういう事が起こりました。

塾の先生がチャ子のために動いてくれたのです。

「可愛い教え子が、わざわざ不幸にならないように・・・」

そう言って 娘の目を覚めしてくれました。
衝撃的な方法で。

「その他の、どんな夢でも、応援してあげる、
美容師になる、看護師になる、アナウンサーになる、
なんでもいい。だけど、芸能界だけは応援できない!

今、勉強したくないなら、フリーターでもなんでもいいから、
一度、すべてをリセットして、どうするのかゆっくり考えなさい」

と言われたようです。
(と、チャ子が私に伝えてくれました)



わたしも、私の中に憑いていたすべての重たい気持ちが
すっと落ちていく感じがしました。

「よかった・・・・たすかった。」

そう思いました。

私も、芸能人以外の夢なら、
きっと、快く応援できる。



どうして、こんなに心が苦しく、
心から娘の夢を応援できなかったかというと、
それは、やはり「芸能人」という、未知の怖い世界だったから。



私も言いました。

「そうね、、大学進学はもうどうでもいいよ。
先生の言うとおり、リセットするのがいいかもね。
もう、ママは学歴にこだわらないから、
4月から、どうやって過ごすか、よく考えなさい。
もし、音楽関係でつながっていたいというなら、
そういう、音響などを勉強するような、専門学校もあるし、
もう一度、色々ネットで調べてごらん」

親として言えるのは、ここまで。

もう、あとは何も言うまい、、、そう思いました。



お騒がせしました。



そして、多くの方のコメントに心から感謝します。
どれだけ支えられ、どれだけ考えさせらたことでしょう。、
親としてのあるべき姿を、教えていただきました。

読むのがキツイ、と思ったコメントもありました。
でも、どれも、何回も読み直し、自分の情けない有様を
振り返り、自分を戒めることもできました。


ありがとうございました。
(コメント返しをいたしました。)

チャ子のこれからも、どうぞ応援してやってくださいね。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-02-19 15:56 | 娘 高3

チャ子と私のその後5

いろいろと思い出しながら書いているので、
話が前後します。

11日、すべての受験が終わった日に、
とりあえず、個人塾でお世話になった先生に
お礼を言いに行こう、、ということになりました。

「忙しい人だから、どうかな?」

「先生に ご挨拶に伺いたいのでいつがいいかメールで聞いて」

とチャ子に頼みました。
その後、直接私にメールが来ました。


「チャ子さんが、年末から急に覇気がなくなりまして、
勉強に集中できなくなってしまったので、
どうしたものかと案じておりました。

受験後に出来具合を聞いたときに、
夢を叶えたいので、
大学受験はもうどうでもよくなりました。
いっそ、全部不合格ならスッキリする、
という内容のことを書いてきたので、
どういうことか、、、と考えていたのですが、
お話をお聞かせください」

大体、こういう内容でした。

「娘のことをいつも支えてくださり、ありがとうございました。

娘は、歌手になりたいという
子供の頃からの夢を叶えたくて、もう大学にはいきたくない、
という想いを、元旦に私に伝えてきました。

一旦受け止めて、落ち着かせたつもりだったのですが、
気持ちはもうそのことばかりで膨らんでいき、
結果、大学受験そのものが、
どうでも良くなっていったようです。

それでも、女子大ぐらいは、、、と思っていたと思うのですが、
現実を目の当たりにして、今はもう、歌手になること以外
考えられないようです。」

と本当のことを伝えました。


その後、
「娘さんと直接話したいことがありますので」

と面会の日時の指定メールが再びきました。

このあと、事態が大きく動きました。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-02-17 12:07 | 娘 高3

チャ子と私のその後3

あなたが決めなさい、、そういった私は
もう、応援するしかない。
だから、心を整えて、、、、

なんとか昼間は仕事に追われて、
大丈夫なんです。
でも、夜になると、
不安がムクムク、頭を出して

「変な奴に騙されないかな・・・
アダルトビデオとかに出ることにならないかな・・・
結局プロデューサーに、
お金ばっかり搾り取られることにならないのかな・・・」

そういう不安が私を襲ってくるのです。

初めて親友に相談しました。

娘のメールを見せたら

「応援するしかないよ。
今まで、思い通りにやってきてくれただけで
十分親孝行だよ。
ここまでレールの上を歩いてくれたことを
うんと、褒めてやろうよ。

ここからは、もう娘の人生だよ。
手の中から離してやらないと、
一生恨まれるよ」

そう言われました。

親友の言葉に背中を押され、
娘の夢を応援しようと、
心から思えた一瞬でした。

「ただ、ひとつ、まだ18歳。
なんの、転機もなく、
まだデビューが決まったわけでもないのに、
大学進学とか就職とかそういうことでもないのに、
一人暮らしをさせる意味がない。
家から通えない距離じゃないし、
20歳までは、親の責任だから、
家から通わせるべき」

そう言われました。

20歳までは、親の責任。
そうだ、一人暮らしを不安に思っているなら、
その部分を取り除こう。
それの方が、私の気持ちが落ち着く。
素直に応援できる。



・・・
でも、いつ、そのことを伝えよう。
もう、娘とうまく会話をする自信がありませんでした。

何かを伝えようとすると、
涙が出てくるし、
また、ママが指示をしている、、と取られるのは嫌だし。


金曜日、娘と以前から居酒屋に行く約束をしていたので、
そこで、話そう、、、そう思いました。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-02-17 11:08 | 娘 高3

チャ子の変化

激動の高校生活を送っている チャ子です。

高1年4月 念願の高校生活を始める。
いきなり、エクステでロングにし、ブラウンに染めた髪で、入学式デビュー。

すぐに彼氏ができ、反抗的な態度で私を無視。

最初の中間テストは、学年60位

反抗期絶頂の夏を過ぎ、
9月の期末。
「勉強する気しない」といい、学年319位 で 最下位。
彼氏とも破局
このころの精神状態が一番最悪。
リストカットをしていたのもこのころ。

バイトを始めて 
髪は ほとんど金髪に 化粧もばっちり。
授業中は、ずーと寝て過ごし、赤点をとり続け、
塾も「全く分からない」といい、行ったり行かなかったり。

1年の成績、評定2,3

2年 少し勉強を始めるが、やっぱり「勉強嫌い!!」
とさけび、勉強から、目をそむける。

反抗的態度がだいぶなくなり、機嫌のいい日が多くなる。
バイトに励み、精神的にも、安定してくる。
髪色も、黒くなり、お化粧もほとんどしなくなり、落ち着く。

2年の夏。
あちこちのオープンキャンパスに参加。
勉強を始めるも、やはり、思うようにできずに、
音楽大学 への進学を決める。

9月から ソルフェージュ、ピアノ、声楽を本格的に始める。
相変わらず、学年順位300位 実力テスト、偏差値35

で、、、、、、
12月に入ってから、突然。
やっぱり 普通に受験して頑張る。と言いだし、
すべての習い事をやめ、
大手予備校(映像学習)への入塾を決めてくる。
(ここが高校に入ってから、3つ目の塾)
(90万近い授業料…で私、倒れそうになる)

そう言ってから 早3週間過ぎ、
猛勉強は、今日も続いています。
予備校の自習室へこもって、遅れを取り戻しているようです。

その道は並大抵なものではないでしょう。
1,2年でさぼっていた分を取り戻すには、
人の、2倍も、3倍もがんばらねばなりませんから。

さて、今度こそ 頑張りきれるのか。
来年の2月の本番まで、まだ1年もありますから、
きっと、まだまだ 何か起こりそうです。
少しずつ、自分で学び、考え、成長しつつあるチャ子です。

私は、娘を信じ、美味しいご飯づくりと、送り迎えと笑顔を絶やさず
見守りたいと思っています。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-12-27 10:21 | 思春期、反抗期の娘(高2)

チャロの攻撃 後篇

チャ子は この一週間で すべての習い事をやめました。
ソルフェージュも、ピアノのレッスンも 声楽のレッスンも。
そして、毎日、数学と英語の勉強を始めました。

チャ子は 私の言葉に傷ついて、声楽の道を選んだといいました。
本当は、勉強で頑張るつもりだったけど、
ママが、どうせ勉強できないんでしょ、って
言うから、声楽しか しょうがないかと思ったって。

私は、そんなつもりで言ったのではなかったのに・・・・
言葉って難しい。
娘の気持ちに寄り添って、
娘に負担をかけないように、
「勉強、勉強」って言ってきた自分をいましめて
もう、娘に、過度の期待はするまい、ってそう思っての、
アドバイスだった。

結局、余計なアドバイスだったみたい。
チャ子にとっては、
すべてが否定されたように、聞こえたようで、
泣きながら、
「ママが、もう、勉強しなくってもいいよって言うから、
私のこと、どうぜ、勉強できないんだって、って思っていると感じてた。
私だって、やればできるのに、やったって無駄だって思ってるんでしょ」
って

むずかしいなぁ~
私は、娘の攻撃に 無言で対抗することしかできなかった。

なにを言っても、娘には、批判的に聞こえるのかもしれない。
やっぱり、黙るって大事なんだって改めて思った。

だって、娘に負担のないように、って思ってしたアドバイスの数々も、
決局は、娘には マイナスなイメージでしか捉えられてなかったのだから。

「もう、勉強できない!、もう、勉強したくない!!」
って、さんざん叫んでいた娘。
それは、本心ではなく、ただ一時的な感情に過ぎなかったんだ、と今わかりました。

はぁ、、、、、
本当に、母親って難しい。
言葉って難しい。

私には、まだまだ、余計な言葉が多いって、改めてわかりました。
つかれます・・・
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-12-13 00:11 | 思春期、反抗期の娘(高2)

チャ子の攻撃 中編

≪中間試験最終日≫
「私やっぱり物理好きだわ。理転(文系から理系に変えること)しようっと…」
というつぶやき。

声楽科には、必要ないのに????どういうこと?)←バジルの心の声

「私、決めた。明日から、最低1時間は勉強するわ」

≪中間試験後≫
中間試験が終わったというのに、数学の教科書を開いて、
一生懸命、勉強し始めました。
そして、
「選択科目、変更用紙」なるものを私に提出して、
「これ、保護者の欄、書いといて」と。

生徒の欄には、
「やはり、理系の大学に行くことに決めました」
と書いてあります。

・・・・あんた、声楽はどうすんの?」
「うち、わかった。オペラとかには、興味ない。
 練習してても、歌ってても、あんまり楽しくないし、
 ママが、声楽科にしぃ、って言ったから、そのつもりになってたけど、
 やっぱり、うちは、宇宙工学を勉強したい。」

だって、あんたが言ったんでしょう。わたしもう勉強すんの嫌だ~~!!って
 それで、自分で声楽科に行くって決めたんじゃないの?
 今習ってる、ピアノとかソルフェージュとか、声楽のレッスンはどうすんの?」


「もう、全部やめる。今日から勉強することにしたし。
 大体、うちがやりたいって言ったわけじゃない。
 ママは私のこと「どうせやったって、勉強できないでしょ」って思って、
 声楽進めたんでしょ?私は馬鹿だと思ってんでしょ。」

って、、、、へっ???って感じ。
いいえ、いいえ、そんなこと一言も言っていません。
確かに心では思っていましたよ。
だって、学年最下位を2回も連続でとって、
成績だって、評定2,3ですから・・・
どう考えたっって、勉強できないでしょう。
もう、中学3年レベルの英語ですら、読めなくなっているのですから。

つづく
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-12-06 18:54 | 思春期、反抗期の娘(高2)

携帯の充電が…!!!

「ショッピング」を書き終わって、さぁ、おふろ~
と思っていたら、久しぶりにチャ子のイライラが始まりました。

原因は、買って、まだ4カ月しかたたない、AUのスマートフォンの
充電が、出来なくなったこと。

た~~~~いへん!014.gif
持っている充電器でやっても、だめ。
パソコンでやっても、だめ。

あ~こうなると、、、始まるぞ~~と思っていたら、
案の定 はじまった。
パニックに八つ当たり。

なんなの、、この携帯、不良品じゃん。なんで、つかないの013.gif
「もぅ!!どうなってんの!!」


チャ子「ママ、あした、auショップに持っていってきて!

バジル「え~無理だよ~明日は、帰り遅いわ~」

チャ子「私も無理、部活あるし!」

バジル「あっそ~じゃぁ どうしよ~?」

チャ子「じゃぁ、学校、遅れていくから!」

バジル「わかった~そうして」

そこから、約30分 私の見えるところで、
泣き始め 文句を言い ふてくされ、
そして、やっと、2階の自分の部屋へ上って行きました。

あーん、携帯ないなんて、もう信じられない。寝られないし。
 もう!!イライラするーーーー!!」
って、泣きわめきながら。

横で、黙って聞いている私は、もっとイライラするよ~

横から何か言おうもんなら、
すごい攻撃を食らうだけだから、、
黙って、ただ時が過ぎるのを待っていました。

こういうことがあると、私の心臓は、ドキドキし始め、
息がしにくくなるのです。

チャ子は、本当に感情をコントロールするのが苦手なんだな、、、と
改めて思いました。

修理に出せば、済むこと。
明日がダメなら、あさって、
しょうがないから、あきらめて 待つ、って事が出来ない。
困ったことが今すぐ解決されないと、
異常にイライラするようです。

それは、私が、小さいころから、
せかせかと 急がせたり、怒ったり、
思い通りにならないと、よく、怒鳴っていたからだな。。。

明日、朝 また、ぎゃあぎゃあと騒ぐのだろうな。
それとも、一晩寝て、気持ちを切り替えられるのか。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-11-14 00:01 | 思春期、反抗期の娘(高2)

ショッピング

コンサートに出かけるのに、娘から
「洋服ない。どれ着ていいか分かんないから、選んで」
と頼まれ、引き出しの中から適当に組み合わせてあげました。
(洋服の組み合わせが下手なチャ子です)

次に
「秋の洋服がないから、今日買って~」
となり コンサートに行くついでに洋服を買うことになりました。

まず、渋谷の109へ。
ざっとお店を見て回るものの、
なんだか、お目当てのものがない。
(お店を見て回るうちに、チャ子は だんだん無言に)

「ここにはないから、原宿へ行って!」
と叫ぶと、自分から、どんどん歩いて、駅に。
(イライラしている感じが伝わってくる…)

こういうときは、何も言わないに越したことはない。
私は、付いて行くだけ。

原宿駅から 雨の中 竹下通りを歩く。
(私の事などお構いなしに、一人で、どんどん歩く)
一通り めぼしいお店の中を見ながら 大通りまで行くと、
無言で、再び駅の方へ戻る。028.gif

最初に入ったお店に戻ると、試着開始。
こういう時、私は、「似合うね」とも「似合わない」ともいわない。
どう?と聞かれたら、
「フリルが かわいいね」とか
「胸が目立つね」「色が素敵」
とか、なるべく評価をしないような答え方をする。。
で、自分で決定させる。

でないと、後で、「ママが似合うって言ったから買ったけど、これ、太って見える」
とか、「こんな柄嫌いだったのに」とか、、、、、言われるから。
(何回かそう言われて、買ったのに、着ずに終わった服があるの)

で、自分で決めた やす~い お洋服を4着購入、で一件落着。
とたんに、無言だったチャ子は、笑顔になって、
べらべらと話し出した。

「12月にお友達の家に泊りに行くときの洋服ができて良かった~」
「そのとき、みんなで、新しくできたショッピングモールに行く約束したの」
「たのしみ~016.gif

はいはい、、、よかったね。
私は、辛かったけど、最後はチャ子の笑顔が見れてよかったよ。
その後のコンサートは、格別 楽しくなったとさ。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-11-13 19:57 | 思春期、反抗期の娘(高2)

夜の散歩?

ほんの20分ほど前のはなし、、、
娘を習い事先まで、迎えに行き
帰りの車の中、チャ子の携帯が鳴った。

「分かった~じゃぁ、うちも、マクドナルドの方に向かって歩くわ」
って、、、、??

「レイラがツイッタ―で、今散歩中って書いてたから、
うちも歩く~って打ったら、連絡来た」

えっ、、、?
だって、今10時ですよ。
痴漢の多いこの地域で、女の子が しかも高校生が
歩いていたら、危ないでしょう。

「駄目だよ。しんぱいだよ。二人で歩いているうちはいいけど、
バイバイした後、一人で歩いて帰ってくるんでしょ…
危ないから、やめてよ~」

って言ってみたけど、(最初から、言っても無駄だとは分かっていたけど)
無視されて、出て行きました。

「せめて、自転車引っ張っていって、帰り、すっ飛ばして帰って来てよ」
と背中に向かって、叫んだら、
聞こえてたらしく、
ガチャガチャ自転車の音がしたので、
乗って行ったようです。

レイラちゃんは、小学校からの大の仲良しで、
つい、先週金曜日も うちにお泊りしていきました。

まっ、、、相変わらず、こんな感じで、
私の意見なんか無視で、
思うよう~~~~~に 動くチャ子です。

あ~危なっかしいなぁ…
まだ、まだ、心配が尽きません。
とにかく、何事もなく、帰って来てくれれば、
うるさいことは、言わずにいよう。
甘いかな~?
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-11-09 22:17 | 思春期、反抗期の娘(高2)

チャ子の文化祭

チャ子がたくさん出演する、文化祭を一人で見に行ってきました。
そして、同じ部活のお母様方とも、はじめて ゆっくり お話しする機会を持ちました。

たとえば、部屋がぐちゃぐちゃなこと、
勉強から意識が飛んでいってしまっていること、
朝、寝起きが悪くて、機嫌が悪いこと、
ダイエットで、ほとんどご飯をまともに食べないこと、
進路選択で、悩んだこと、、、
そういう色々なこと、どこのお母様も同じ悩みを持っていました。

私だけではなかったんだな、、と、妙に納得したりして、
やはり、一人で悶々としているよりも、
色々な方と、おしゃべりをして、悩みを共有したほうが
いいなぁ~と思いました。

娘の活躍を見て、微笑み、
写真を撮って、喜び、
今日の晴れ渡った青空を見上げて、
安心と安堵を手に入れた私でした。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-10-29 16:40 | 思春期、反抗期の娘(高2)