反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:不登校 ( 55 ) タグの人気記事

保健室登校をしばらく続け、11月くらいからは、
別室登校に切り替わっていたMちゃんが
先日無事に卒業しました。
(「保健室登校のMちゃん1」に登場したMちゃんの話です。)

卒業式の朝、駅で待ち合わせて、
一緒に登校し(ほかの生徒に会わないように、少し時間をずらして)
そして、一旦別室待機。
それからタイミングを見て、卒業生入場の列に入りました。

卒業式前々日まで、「出席しない」
と言っていましたが、
メールで、

「ここで、一区切りしよう。
何かあったら先生が後方に座っているから、大丈夫。
卒業証書を壇上で受け取って、卒業を迎えよう」

と送ったら、前日夜遅くに
「じゃぁ、駅で待ち合わせして 一緒に行く。」
と返事が来ました。

いじめから、教室には入れなくなった彼女でした。(ドンと同じです)
高校も別の高校を選び進学することになっています。

きっと、クラスに戻って、みんなと一緒に卒業!!なんて、
希望もしていなかったでしょう。

でも、なんかここで一区切りして欲しくて、
強引に誘ってみました。

卒業式後、こっそりとまた別室に戻ってきたMちゃん
「たのしかったよ」
と、ちょっと はにかんでコメントをしてくれました。

そして、一人先に中学をあとにしました。

すごく頑張ったんだと思います。
すごく緊張したと思います。
ぶっつけ本番で、賞状の受け取り方も、何もわからないまま、
見よう見まねで、、、、、
でも、立派に受け取りました。
かっこよかったです。



ドンのことがあったので、
自分の子どものことのように嬉しかったです。
Mちゃん、卒業おめでとう。

新しい高校で、自分らしく堂々と頑張って欲しいと思います。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-03-15 20:54 | 中学講師の独り言

生徒会に立候補?

昨日ドンが食事中に
「今日、俺、先生に生徒会に立候補しないかって言われた」

「へぇ~すごいね。
がんばんなよ~」

「でも、俺、演説とか無理だし…」

「あのさ~演劇部なんだから、
そういう生徒会に立候補する生徒の役を演じる、、、と
思ってやってみたら、面白いんじゃない?」

「お~そうか。
母さんいいこと言うね~
そんな役、めったにできないしな~」

「そうだよ。。いい思い出になるよ。
高校生活って、一生にこの3年しかないんだよ、
なんでもチャレンジだよ~」

「お~そうだね。
うん、、俺、、、引き受けてみる」

というわけで、
もし、気が変わらなければ、
生徒会に立候補するかもしれないドンです。

チャ子がよこから、
「ドン、変わったね~高校生活、すごく楽しんでるね~
中学の時の暗さからは考えられない…」
と、つっこんでいました。

本当に、、うれしい変化です。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-11-22 18:39 | 息子 高1

不登校だったお友達が

今日近くにある大きなスーパーに息子と買い物に行きました。
(息子は、自分の買ってもらいたいものがある時だけ、ついてきます。)

レジに並んだ時、むすこが、
「おっ、!!お前、なんだよ~ここでバイトしてたの?」
と声をかけた男の子(S君)がいました。

S君は、小学校、中学校とよく一緒に遊ぶ仲間の一人でした。
でも、中1の1月から、卒業するまで、不登校になってしまい、
まったく学校には姿を現しませんでした。

S君も、いじめが原因でした。
からかわれて、物を取られたりして、怖くなって、学校に来れなくなってしまったのでした。

ドンが不登校になって、適応教室の入室を考えていた時、
Sくんがその適応教室にいて、二人で意気投合し、
一緒に通うことを約束し、楽しみにしていた時期もありました。

不登校の間、何回かお互いの家を行ったり来たりして、
遊んだこともありました。

「学校なんか、二度と行きたくないし…」
とうつむき加減に言うS 君でした。

その、S君が、「いらっしゃいませ」と大きな声で、あいさつをし、
レジ打ちを楽しそうにやっているのを見て、
うれし涙が出てきました。

S君のお母さまだって、きっとあんなに生き生きとがんばっている息子さんを見て、
うれしいに違いないな~~~と勝手に想像してしまいました。
不登校の子供を持った者だけがわかる、
親として、何にも代えがたいうれしい気持ち。。

がんばれ!!S君
心の中で、拍手拍手をした私でした。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-11-22 00:25 | 息子 高1
もう一人の中3生」「居場所探し」に登場した女の子。
今、高校2年生になっています。

先日、廊下を歩いていたとき
彼女が走ってやってきました。

016.gif「せんせい~!」
027.gif「うわ~久しぶりだね~。青春してる?」
016.gif「うん!青春してるよ。」
027.gif「とってもいい顔してるね。
・・・ねぇ~あのとき、本当によく踏ん張ったね。
だから、今があるんだね」
016.gif「うん!!私もそう思う! 私、あの時しんどかったけど、
頑張って来てた。でも、頑張ってよかった。先生!!ありがとう」
027.gif「ふふふ053.gif

部活も頑張っているようです。

彼女も一人ぼっちの中3生だったんです。
お弁当を食べる相手がいないで、
廊下で、お弁当を持って、うろうろして
泣いているときもあったんです。

彼女も、保健室登校のMちゃん同様、自分の話ばかりする子でした。
空気があまり読めずに、周りから浮いてしまう子でした。

特にうちの中学は一クラスの女子の数が男子の半分で、13人ほど。
その中から、仲良しを見つけるのは大変。
一人になるのが怖くて、無理やり相手に合わせている子もたくさんいます。

話題についていけずに、輪の中で、ひきつった笑顔で、
むりくり合わせようとしている子も見かけます。

高校へ行くと、外部からたくさんの女子が入ってきて、
男女比が、ほぼ1対1になり、いろんなタイプの子の中から、
気の合う友達を見つけることが可能になってきます。

中3のときに上手くいかなかったからといって、
ずっと一人ぼっちというわけではない、、ということが
彼女の笑顔からわかりました。

Mちゃんも、付属高校での、新しい環境に期待を寄せています。
だから、毎日何とか、頑張って来れているのだと思います。

環境が少し変われば、
また、やり直しができる子もたくさんいることでしょう。
Mちゃんもその一人であることを祈っています。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-10-12 23:15 | 中学講師の独り言

保健室登校のMちゃん

6月後半にクラスの男子から顔のことでからかわれ、
仲良しグループとも、上手くいかなくなった女の子Mちゃんが
保健室登校をしています。

7月は期末テストがあったので、
その前に少し時間を割いて、教科の勉強を見てあげました。

9月になっても、結局教室に戻れずに、
ずっと保健室登校をしています。

明るくって、前向きで、勉強をしっかり頑張る彼女が大好きで、
新しい単元に入るたびに、彼女にも教えるために
保健室へ行っていました。

回数を重ねるたびに、彼女がどんどん心を開いていってくれて、、
たくさん話をするようになり、勉強する時間2で、話をする時間8くらいになって行きました。

話をしてわかったことは、彼女はいつも、

「きいて、きいて、Mねぇ~、Mはね、、、、Mのお姉ちゃんはね、、Mのおうちはね、、、、」

と、常に自分の話&自慢話で、会話のキャッチボールをするというよりは、
自分のことばかり話そうとする傾向があることが分かりました。

私は大人なので、「そう、、そうなの。それはいいね~。」
って、笑ってずっと受け身で聴いていてあげられるけれど、
もし、同じ年の子たちだったら、どうだろう。

いやだな、、、って思うだろうな、
うざい、、、ってなるだろうな。

なんとなく、お友達の輪から外されていった理由が
見えてきました。

じゃぁ、、、それを、だれがその子に教えてあげるんだろう。
私は、カウンセラーでないし、上手く傷つけないように言えない。
親は?    駄目だよね・・・・

やっぱり、自分で気づくのが一番。
それは、こうやって仲間はずれされたり、悪口を言われたことで、
自分の何がいけないのか考えていく中で、答えを見つければいいのだけれど・・・


彼女に、クラスの話をすると、すぐに腹痛を訴え、具合の悪そうな顔をします。

今を乗り越えるためには、保健室登校を続けさせるべきなのか、
それとも、クラスへ戻るよう、促すべきなのか、、、
私は、よくわかりません。

ただ、時間のあるときは彼女のそばへ行って、話を聞いてあげていますが、
それさえも、正解かわからずにいます。

親の気持ちを考えると、とても切なく、、、とても辛くなります。

彼女が、何かのきっかけで、上手くクラスに入ってくれればと思います。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-10-11 22:48 | 中学講師の独り言

ドン、その後

ドンは、その後吐き気もなく毎日学校に行っています。
先日、通っている学校の先生からこんなお知らせがありました。

  放課後にいじめに関するアンケートを行いました。
  予防のためです。
  小さいことでもなかなか言い出せなくて悩んでいるということもあると思います。
  いじめとして大きな事件にならないように定期的に行っているものです。
  家庭でも、もしそんな話題が出てお子さんが困っているようでしたら、 
  細かいことでも担任に知らせて下さい。
  9月は、小さな悩みから不登校気味になることが多い時期です。
  「そんなことで!?」と私たち大人が思うことでも、
  思春期の彼らにとっては重要であったりするのです。
  「こんなくだらないことを」と考えず、小さいことでも、  
  何か引っかかることがあったら担任にご相談下さい。


うれしいことですね。
とても、心強いと思いました。

学校の「いじめを許さない」という姿勢が
ドンにも伝わって、安心して学校に行けているのかもしれません。

結局、何が原因だったのかわかりませんが、
吐き気はおさまり、特に嫌がる気配もなく、
1学期と同じように、朝早く起きて、
さっさと用意をしていく姿を見ることができるのは、
親としても、本当にうれしい限りです。

TVでいじめの報道を見るたびに、
切なくて仕方ありません。

いくら、一人で乗り越える力を付けなければ、、、といっても
皆が、皆、そうたやすく出来るはずもなく、
やはり、いじめる側を自制する規制がほしいところです。

アメリカでは、いじめの事件が起こると、
いじめをした子供たちに問題があると考え、
いじめに関わった子供たちにカウンセリングを行うそうです。

日本も、そうあってほしいと願います。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-09-22 16:28 | 息子 高1

ドン君、文化祭の後。

9月の2週目。
3日間(火、水,木)の腹痛から、復活したドンは
土、日の文化祭を満喫し、翌日(月)には、
部活の仲間たちとカラオケ打ち上げに出かけ
大いに楽しい時間を共有してきたようです。

もう、何も心配はいらない、、、と思っていたら、
打ち上げ後の夜、ふたたび吐き気を訴え、
何度もトイレに。(はいているのは唾だけのよう)

いやな予感は的中し、
翌日(火曜日)はお休みをしたい、と。



仕事へ行く途中、学校の先生に連絡を入れたました、

「今日お休みします。ふたたび吐き気を訴えているのですが、
何か学校でありましたか?」

と、担任に思わず聞いてしまいました。
担任の先生は、少しつまり気味に、、、

「あ、、、え~、、息子さんから、何も聞いてませんか」

「とくに、なにも聞いてません。何かあったのですね。」

「え~、、、、、では、あす学校に来たときに、少し息子さんとお話をしてみます」

「では、おねがいします。」

そう言って、ざわざわする気持ちを落ち着けて、電話を切りました。

どうも、なにか、、、、あったようです。
でも、とても男気があって、頼りがいのある担任の先生ですから、
ここは、先生に任せたい・・・・

で、私は、仕事に没頭して、夕方帰りました。




吐き気はおさまり、翌日は、学校に行くと。

それから、水、木、金と、学校に行きました。

3連休が明けて今日、火曜日も、とても早く出て行きました。

解決されたのでしょうか。
解決されずにいたとしても、ドンが頑張って一人で乗り越えようとしているのでしょう。

何があったのか、わかりません。
でも、聞いてもしょうがないこと。

親としては、黙って息子が乗り越えて、
普通に高校生活を送れるよう、心の支えをするだけです。

お弁当を作って、明るく「行ってらっしゃい」、「お帰り」を言って、
おいしいご飯をたくさん作って、
ただ、それだけを淡々とするだけです。

心が苦しいです。
過保護で心配症の生来的な性格は変わっていませんから、
今日も、ドキドキでした。

でも、私の高校生活ではないのです。
これは、息子に起こっている、
息子が考えて、成長する機会になる、高校生活の一部分なのです。

だから、知らん顔しておきたい。

がんばれ、わたし!!
余計な心配するな!
余計なこと言うな!
心配な顔するな!
ど~んと構えていろ!!
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-09-18 21:21 | 息子 高1

身だしなみに目覚めた?

今朝、一度部活に出かけた息子。
10分ほどして戻ってきました。

「歯磨き忘れてた…気になる。」

005.gif!!

「ひげもそってなかった」

041.gif!!

そうです。
ドンは、身だしなみを気にする男の子に変身したのです。

小学校時代は一年で、両手ぐらいの回数の歯磨きをしたでしょうか?
中学では、3年間で、両手ぐらいの回数の歯磨きをしたでしょうか?

不登校時代は、不潔極まりない風貌でした。
歯は黄色くなり、髪は伸び放題で、ひげもぼうぼうでした。
復学後も マスクで口元を隠し、歯磨きも全然していませんでした。

そ、それが、なんということでしょう。

高校から、再スタートを切ったドンは、
気持ちを新たに、自分でいろいろと変えようとしているようです。

う、うれしい!!
こうなれば、あとは勉強だけなんだけどなぁ~

おっと、、、お口チャックでした。
失敗を繰り返すのだけは、ごめんです。
もう、勉強のことは言うまい、、、、、
でも、、でも、、、、気になるぅ~

と、、、、私が無言でいると、
目覚めた姉が

「ちゃんと今から勉強しといたら、
指定校推薦取れるから、中間、期末だけは、
きちんとやっときなよ!
私は、さぼったから、、、
3年になってから、こんなにあんた勉強出来んの~?」

とな、、、

心で拍手の私037.gif

まぁ、1つずつね。
欲張りしずぎると、ろくなことにならないから。

歯磨き、洗顔、シーブリーズ、ひげそり、
これだけでも、大きな進歩だ。
ひひひ。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-08-21 20:07 | 息子 高1

ドンの成長

ドンは 中2のとき、いじめがきっかけで、半年間不登校生になりました。
家にこもっていた期間 髪の毛を切りに外に行くのを嫌がり、
お風呂も2日に一回で、顔も洗わず、歯も磨かず、
とても不潔な状態でした。

再登校を始めてからも、
歯磨きをしようとせず、ひげも伸ばし放題でした。
どんな暑い日もマスクを付け続けて、ごまかしていました。

自分自身にも自信がなかったのかもしれません。

高校入学を機に変わればな…と思っていましたが、
あまり期待もせず、見守っていました。


今 ドンは、まったくの別人です。

6時には自分で起きてきて、
歯を磨き、ひげをそり、顔を洗い、
髪の毛を整え、さっさと出て行きます。
学校には、始まりの時間の1時間前に到着しているようです。

「学校が楽しい」
と言います。

安全で、自分に合った学校。
学力的にも、校風も。

環境が人を変える。
本当ですね。

本人の意識が変わってきています。
学校選びを間違えないでよかったと思います。

明日から、高校に入って初めての中間テストです。
相変わらず、家では勉強している様子はありません。

「朝と放課後、学校でやっているから」

ということです。

結果を見て、またいろいろと考えることと思います。
ドンを信用して、私は、気楽に見守っています。

少しずつ、自分で考えて、
自分で選択をし、失敗をし、体験をし、
前進しているように思えます。

最近は、ドンが「眩しい」、わたしです。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-05-23 19:52 | 息子 高1

不登校の始まりかも

4月になってすぐに、ある男子生徒K君に対して
いじめが発覚し、その男子生徒は1週間お休みをしてしまいました。

学校側は すぐに いじめをしていた首謀者T君に
指導をしたうえで、別室登校を一週間強制しました。

その間、いじめられた生徒は、何とか学校へ来ることができましたが、
そのいじめの首謀者が、別室から出てきた途端、
また、休み始めました。

いじめを受けていた彼、
どことなく、ドンに似ている。

からかわれやすく、からかわれるとムキになって言い返そうとするが、
上手く言葉が出ずに、からまわり。
周りの空気があまり読めず、少しおどおどした感じです

彼は、決して宿題を忘れないし、
点数もかなりとってきます。

「よくやってくるね」
と、ほめると

「お母さんが、うるさいんですよ。
俺のノートとか、宿題とか、何をやっているの?って
毎日チェックするんです」

K君のお母さん 昔の私に似ている。
どうか、彼を支配しないで上げてほしい。
私と同じ間違いは
子供を苦しめるだけ。




でも、、、、それにしても
いじめは許せない。

みなと違うからって、いじめていい理由は一つもない。

どうか、K君が 再び自分の力で立ち上がって、
学校に戻ってくれることを望みます。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-05-08 22:36 | 中学講師の独り言