反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おしゃべりな息子

ドンは韓国へ行ってから、とても明るくなりました。
不登校前からは、考えられないくらいの変化です。

昨日は2校目の学校説明会に行ってきました。
行きの電車の中では、私にしゃべりっぱなし。

「俺って、音痴?」
「俺の顔って、変じゃない?」
「俺、バカだけど、生徒会とかやってみたいな、俺じゃ無理かな?」

あ~自信が無かったんだな~
色々と否定的だった私の言葉を
全て覚えていて、傷ついていたんだな。

「勉強できなきゃ、何やってもダメなんだよ」
って、よく言ってたもんな。
特に娘に。

横で、聞いていたんだから、いつの間にかそう思うようになっていたんだよな。

息子って、こんなにおしゃべりだったっけな~と思いながら、
ニコニコ笑いながら、会話を楽しみました。

ああ言えば、こう言う私でしたから、しかも、教師のようにウンチクをよく垂れていました。
何を言っても、正論で返されていたから、何も言えなくなっていたのでしょう。

最近は、「そう、そうなんだ~」
と、共感することが多くなって、
そうすると、ドンも否定されないから、
色々と話すようになってきました。

部活動見学、では、「生徒会室」を覗きに行きました。

帰り道では、韓国で仲良くなったお友達の話をたくさんしてくれました。

綺麗な女の人が通った時
「韓国にいたロシア人の女の子の脚は、もっと長くてきれいだった」
と、いうのを聞いて、ちゃんと見るものは、見ているんだなっと、
(順調な成長をしているな)っと、心の中で、ニヤついてしまいました。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-08-20 15:30 | 息子中3

チャ子の探し物

今朝も、久しぶりに始まりました。
探し物!

今日は、朝から友達と、大きなプールへお出かけ。

・・・で、バスタオルが無い。
お気に入りの、スイミングタオル

家族みんな、怖くて、チャ子の物を使うわけがない。
だから、あるべきところに、あるはずなのに、
ない・・・・となると、チャ子がどこかに持っていって、
忘れてきたのにきまっている。

よくあることだ。
傘(何本もなくしている)、カバン、靴、
時計(入学祝に買ってあげたものも、学校で紛失)
いろんなものを、置き忘れてくる。

それでもって、自分は忘れて来てない、って言い張るんだから、参るよな~

先日も、二人で横浜で買い物へ行った帰り、バイト先によって、バイトの予定を確認した。
2日後、朝から、横浜で新しく買ってきた靴が無いと大騒ぎ。

やっぱり、私のせい。
「ママが持っていたはず」と言われ、
私も自信が無くなり、
もしかして、電車の中に忘れてきたかなぁ、、、とか、
食事をした店に置いてきたのかなぁ…とか、記憶をたどってみるが、
やはり、私が持っていた記憶はない。

かなり、探してから、私の一言
「ねぇ、バイト先に寄ったよね」
で、本人も、きっと思い当たるのか、黙り込んだ。

案の定、バイト先に置いてありました。

この時は、バイト先では?、という私の感が当たり、
それ以上責められることもなく終わったけれど、
今日は、私もいつ、どこへ、娘が持って行ったのか分からない。

思い当たるところを探してみるが、やっぱりない。

で、また、私に八つ当たりで、ドタドタ探しだした。

でも、少し成長したのは、
物をぐちゃぐちゃにしなかった事。

パニックを起こして、リビングのありとあらゆるところを
ぐちゃぐちゃにして、探し始めるのが、いつものパターンだけれど、
今日は、自分の部屋こそ、ぐちゃぐちゃにしていたけれど、
みんなが使う、リビングや洗面所は、ぐちゃぐちゃにしなかったよ。

はやく、一人暮らししてもらいたい。
全て、自分で責任もって、管理してもらいたい。

物がなくなるたびに、嫌な思いをするのだから。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-08-20 10:27 | 思春期、反抗期の娘(高2)

キャンプで

ドンの幼馴染K君は、中学校で一番のやんちゃ坊主
私とK君ママとは、一緒に日帰り旅行を行ったり、ランチを楽しんだりの仲

K君が中学に入ってから、坂道を転げ落ちるように
ヤンキーに変身していく一方で、ドンは正反対のオタクの道へ、そして、不登校

まぁ、見た目は、正反対の二人ですが、
やはり幼馴染なのか、一緒にいても苦痛を感じることもなく、
上手く、距離を取りながら過ごせます。

さて、そのK 君一家から、キャンプのお誘いを受け、(もう一人R 君も)
16日から3日間、K君家のキャンプに参加させてもらいました。

私は、初日の送りとどけ と 今日のお迎えだけ、参加。

キャンプ場は、携帯の電波が「圏外」になるような、山奥。
目の前には、川、釣り堀、大自然、なんかいい~

実は我が家はキャンプをしたことがありません。
ドンも、久しぶりの大自然を目の前に、、
最初は、戸惑っていたものの、川遊びを始め、
調子に乗って、メガネをかけていることも忘れて、
ダイビング!!

・・・案の定、
メガネは、どこかへ飛んでってしまい、
周りの人まきこんで、やっと、探したフレームには、
片方のレンズがなくなっていました。

相変わらず、バカです

「メガネかけてるの忘れてた~」
ですって・・・

金髪男子2人とオタク男子一人(いずれも、運動不足により、ぽっちゃりデブ)
奇妙な取り合わせで、3日間を満喫したようです。

先程帰ってきてから、冷房なし、携帯なしの生活はきつかった、、、と、ぼやきながら、
自分の部屋でクーラーをガンガンにかけて、眠りにつきました。

何もない生活もたまにはいいですね。
今の生活の便利さを再確認するいい機会です。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-08-18 14:05 | 息子中3

迷い

さて、娘はオープンキャンパスで一度は、大学を決めたのですが、
その後、予備校通いで少し挫折を味わい、
やはり、勉強を続けることに、抵抗を感じているようです。

小さなころから続けていた、ピアノとコーラスを生かして、
「声楽」で大学を選択しようか、という新たな思いが出てきたようで、
今週末から、立て続けに音楽大学を見学に行くことになりました

高校から始めた「声楽」のレッスンは、ただ、趣味と割り切って
続けていたのですが、
勉強での挫折から、「声楽」を武器に
逃げ道を模索しているようにも思えます。

やはり、なかなか一筋縄では、いきません。

いや~、もちろん「好きなことをやりなさい」と口では言っていますが、
音楽大学の学費は、半端ではありませんから、
ちょこっと、ビビっているのは、確かです・・・トホホ
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-08-17 09:00 | 思春期、反抗期の娘(高2)

息子の夏休み

1学期を無事に終えた息子は、
友達に強く誘われて、韓国の「英語村」に
1週間、市の主催する研修旅行 に行っていました。

行く前は、いつもの通り 
「めんどくせぇな~」 と。
行く用意も、前日の夜8時ごろ、やっとする感じで、
「おれ、英語しゃべれないのに…」
と、先行き不安な発言も。

しかし・・・!

返ってきた彼の様子は別人

「すごく楽しかった!行く前の俺に、怒りたいぐらい」
「もう一回行きたい」

と、本当に楽しかった様子

それから、その研修で仲良くなった、市内の中学生と、メールでやりとりをし
先週は、6人で、夏祭りとカラオケに行ってきました。

明日も、また、カラオケに行くそうです。

得意の「オタク」キャラを、前面に出し、「アニソン」を歌いまくったそうです。
明日もまた、「アニソン」をうたうのでしょうか。

本来なら、受験生なので、もう少し勉強の方にも身を入れてもらいたいのですが、
塾にも毎日(1時間半)行っているし、夏休みの宿題も、少しずつこなしているので、
彼を信頼してみましょう。

楽しそうな彼を見るのは「嬉しい」です。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-08-13 10:47 | 息子中3