反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:息子 高1( 22 )

ドンの親友たち

今日は、ドンの中学からの遊び友達が泊まりに来ています。
中3の時からずっと同じメンバーで、
土日のたびに、一緒に遊んでいます。

みんな違う高校に通っています。

それでも、休みになると集まって、
カードゲームに、カラオケ、アニメの話、
というつながりで、遊んでいます。

今日は、嵐の中、集まってきて、
今、やっと夕飯を食べ終わりました。

餃子と、焼きそばと、サラダ、スパゲッティー
と思いつく限りを作りました。

みんな、平らげてくれました。

楽しそうに笑っています。
そんな笑顔を見ると嬉しくなります。

ずっとこのまま仲良く大人になっていってほしい。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-04-06 19:54 | 息子 高1 | Comments(6)

ドンの最近

チャ子のことがいっぱいありすぎて、
ドンはほったらかしでした

ドンは楽しく学校生活を送っております。

あまり、物欲のない息子は、
コンピューターからしか充電できなくなってしまっていた5年物のPSPを
大事に使っておりました。

誕生日に悩みに悩んで、新しいPSP(といっても、ひとつ前の型)を
買うことを決意し、今そのPSPを大切に使って快適に過ごしています。

先日のバレンタインには、生まれて初めて「本命チョコ」なるものを
クラスメイトからいただき、それはそれは自慢げに
私に報告してくれました。

ただ、女の子と付き合うのは面倒なので、
このまま 友達で行くそうです。

そして、生徒会の活動も始まり、
入試の手伝い、学校の手伝いと、
土日もなく、学校に出かけていきます。




騒動が渦中の時

「姉ちゃん、4月からどうすんの?」

に、

「う~ん、わかんないや。
歌手になりたいから大学いかないって」

といった時、

「母さん、好きにさせれば?
そして、あいつにも一度挫折をさせればいいんだよ・・・」

と、いうアドバイスをくれました。



頼もしい息子に変身しつつあります。

「おれも、どうしようかな・・・?」
「大学行かないで、専門でもいい?」

というので、

「うん。いいよ。2年のうちから、あちこち見に行って、
自分に一番合っていると思うところに、進んでいいよ。」

「そのつもり~」


ドンがんばれ~~~~~
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-02-22 10:25 | 息子 高1 | Comments(4)

ドン マラソンで・・・

演劇部の彼は、もちろん体を動かすのが不得意
85キロもあるのだから、マラソンなんて、最たるもの。

と思っていたら、
金曜日は、4、5キロもマラソンをしたとな・・・

帰ってきても、淡々と、「いやぁ~俺、今日疲れたわ~」
ぐらいで、特に次の体育の時間を避けるための、
なにか布石を打つわけでもなく、、、

あんなに走るのが苦手だったのに、、、
嫌なことも、少しは乗り越えられるようになってきたのかな?

うれしいなぁ

最近はチャ子のことで、頭がいっぱい。
穏やかなドンに癒されています。

筋肉痛で、昨日も今日も、階段を下りるときに
「うお~!!、ア~!!」
とか、叫ぶ声も、なんか いとおしい。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2013-01-13 18:07 | 息子 高1 | Comments(2)

軽率な息子

昨日(金曜日)学校帰り、
「駅に1000円持ってきて。髪の毛切りに行く」
とメールが、

「もう、遅いし、明日休みだから、あす行けば?」


「いや、今日のうちに行きたい」
と、やけに慌てた様子。

・・・・なんかおかしいな・・・

とりあえず、1000円持って、駅に。
ドンはそのまま床屋に
とてもさっぱりして帰ってきました。


で、夜、担任から電話がありました。

「先日、火曜日に規律検査で、耳うえの髪が長く、
指導しましたが、本日再検査をしたところ、
まだきちんと、整髪されていませんでした。
これは、大変なことです。

本人は甘く考えていたようですが、
2日間もあったのに、きちんとしてこなかったことは、
とても残念で、卒業まで1ペナルティが付きます。

あす、特別に学校に来てもらって、
整髪したかどうか見せてもらいます。

親御さんの方からも、きちんとお伝えください」

ということでした。

規律に厳しい学校です。
本人もそれが気に入って、入学したはずです。

このぐらいいいだろう、、、という いつもの甘い考えで、
今回のような警告が入る事態になってしまいました。

なんか、情けないな~と、

指導を受けたことはしようがないにしても、
2日間もあったのに、
髪を切りに行こうとしなかった息子に、がっかりしました。

まだまだ、考えが甘く、
自分は許される、、とでも思っていたのでしょうか

めんどくさいにも程がある。

先生の最後の言葉が響きました。

「実は、生徒会役員に選ばれました。
嬉しい報告をしたかったのですが、
生徒会役員に選ばれたのに、これでは、
ほかの生徒に示しがつきません。
特に、みんなの手本にならなければならない立場だということを
高校生なので、こちらが言わなくても、自ら認識してもらいたかったです」

その通りですね。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-12-15 18:03 | 息子 高1 | Comments(0)

ドン 期末テストの結果

高校に入って、これで、4回目のテストです。

1回目。まだ中学での実力が残っていたので、
少しやっただけで、クラス順位が9位に!!

2回目 期末テスト。9教科もあるのに、
中間で味をしめた息子は、ろくに勉強もせずに、
クラス順位が25位に・・・(34人中)

3回目 前回の期末同様、ほとんど勉強をせずに
余裕をかまし、結局再び悪い結果に。22位くらいだったような。

4回目(今回) 生徒会にも立候補したので、
少しは、頑張らねば・・と思ったのか、
前回よりかは少し勉強をする。
一日2時間くらいかな?(たったの・・・)

で、今日返却されたテスト結果は
可もなく不可もなく、クラス平均より、
少し上ぐらいだったらしいです。

どうも、やはり勉強は大っ嫌いな様子。
どんな将来が待っているのだろう???

さて、果たして、このままいい加減な勉強を続けるつもりか?
まだクラス順位は出ません。
そして、生徒会の選挙結果もまだです。

むすこよ。
今は「高校生」として、守られた地位があるけれど、
社会に出たら、結構厳しいぞ・・・
だからこそ、勉強をしておくことは、
必要不可欠なんだけどな、、、

気づいておくれよ
はやく。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-12-11 22:01 | 息子 高1 | Comments(0)

生徒会に立候補?

昨日ドンが食事中に
「今日、俺、先生に生徒会に立候補しないかって言われた」

「へぇ~すごいね。
がんばんなよ~」

「でも、俺、演説とか無理だし…」

「あのさ~演劇部なんだから、
そういう生徒会に立候補する生徒の役を演じる、、、と
思ってやってみたら、面白いんじゃない?」

「お~そうか。
母さんいいこと言うね~
そんな役、めったにできないしな~」

「そうだよ。。いい思い出になるよ。
高校生活って、一生にこの3年しかないんだよ、
なんでもチャレンジだよ~」

「お~そうだね。
うん、、俺、、、引き受けてみる」

というわけで、
もし、気が変わらなければ、
生徒会に立候補するかもしれないドンです。

チャ子がよこから、
「ドン、変わったね~高校生活、すごく楽しんでるね~
中学の時の暗さからは考えられない…」
と、つっこんでいました。

本当に、、うれしい変化です。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-11-22 18:39 | 息子 高1 | Comments(6)

不登校だったお友達が

今日近くにある大きなスーパーに息子と買い物に行きました。
(息子は、自分の買ってもらいたいものがある時だけ、ついてきます。)

レジに並んだ時、むすこが、
「おっ、!!お前、なんだよ~ここでバイトしてたの?」
と声をかけた男の子(S君)がいました。

S君は、小学校、中学校とよく一緒に遊ぶ仲間の一人でした。
でも、中1の1月から、卒業するまで、不登校になってしまい、
まったく学校には姿を現しませんでした。

S君も、いじめが原因でした。
からかわれて、物を取られたりして、怖くなって、学校に来れなくなってしまったのでした。

ドンが不登校になって、適応教室の入室を考えていた時、
Sくんがその適応教室にいて、二人で意気投合し、
一緒に通うことを約束し、楽しみにしていた時期もありました。

不登校の間、何回かお互いの家を行ったり来たりして、
遊んだこともありました。

「学校なんか、二度と行きたくないし…」
とうつむき加減に言うS 君でした。

その、S君が、「いらっしゃいませ」と大きな声で、あいさつをし、
レジ打ちを楽しそうにやっているのを見て、
うれし涙が出てきました。

S君のお母さまだって、きっとあんなに生き生きとがんばっている息子さんを見て、
うれしいに違いないな~~~と勝手に想像してしまいました。
不登校の子供を持った者だけがわかる、
親として、何にも代えがたいうれしい気持ち。。

がんばれ!!S君
心の中で、拍手拍手をした私でした。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-11-22 00:25 | 息子 高1 | Comments(0)

ドン、その後

ドンは、その後吐き気もなく毎日学校に行っています。
先日、通っている学校の先生からこんなお知らせがありました。

  放課後にいじめに関するアンケートを行いました。
  予防のためです。
  小さいことでもなかなか言い出せなくて悩んでいるということもあると思います。
  いじめとして大きな事件にならないように定期的に行っているものです。
  家庭でも、もしそんな話題が出てお子さんが困っているようでしたら、 
  細かいことでも担任に知らせて下さい。
  9月は、小さな悩みから不登校気味になることが多い時期です。
  「そんなことで!?」と私たち大人が思うことでも、
  思春期の彼らにとっては重要であったりするのです。
  「こんなくだらないことを」と考えず、小さいことでも、  
  何か引っかかることがあったら担任にご相談下さい。


うれしいことですね。
とても、心強いと思いました。

学校の「いじめを許さない」という姿勢が
ドンにも伝わって、安心して学校に行けているのかもしれません。

結局、何が原因だったのかわかりませんが、
吐き気はおさまり、特に嫌がる気配もなく、
1学期と同じように、朝早く起きて、
さっさと用意をしていく姿を見ることができるのは、
親としても、本当にうれしい限りです。

TVでいじめの報道を見るたびに、
切なくて仕方ありません。

いくら、一人で乗り越える力を付けなければ、、、といっても
皆が、皆、そうたやすく出来るはずもなく、
やはり、いじめる側を自制する規制がほしいところです。

アメリカでは、いじめの事件が起こると、
いじめをした子供たちに問題があると考え、
いじめに関わった子供たちにカウンセリングを行うそうです。

日本も、そうあってほしいと願います。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-09-22 16:28 | 息子 高1 | Comments(9)

ドン君、文化祭の後。

9月の2週目。
3日間(火、水,木)の腹痛から、復活したドンは
土、日の文化祭を満喫し、翌日(月)には、
部活の仲間たちとカラオケ打ち上げに出かけ
大いに楽しい時間を共有してきたようです。

もう、何も心配はいらない、、、と思っていたら、
打ち上げ後の夜、ふたたび吐き気を訴え、
何度もトイレに。(はいているのは唾だけのよう)

いやな予感は的中し、
翌日(火曜日)はお休みをしたい、と。



仕事へ行く途中、学校の先生に連絡を入れたました、

「今日お休みします。ふたたび吐き気を訴えているのですが、
何か学校でありましたか?」

と、担任に思わず聞いてしまいました。
担任の先生は、少しつまり気味に、、、

「あ、、、え~、、息子さんから、何も聞いてませんか」

「とくに、なにも聞いてません。何かあったのですね。」

「え~、、、、、では、あす学校に来たときに、少し息子さんとお話をしてみます」

「では、おねがいします。」

そう言って、ざわざわする気持ちを落ち着けて、電話を切りました。

どうも、なにか、、、、あったようです。
でも、とても男気があって、頼りがいのある担任の先生ですから、
ここは、先生に任せたい・・・・

で、私は、仕事に没頭して、夕方帰りました。




吐き気はおさまり、翌日は、学校に行くと。

それから、水、木、金と、学校に行きました。

3連休が明けて今日、火曜日も、とても早く出て行きました。

解決されたのでしょうか。
解決されずにいたとしても、ドンが頑張って一人で乗り越えようとしているのでしょう。

何があったのか、わかりません。
でも、聞いてもしょうがないこと。

親としては、黙って息子が乗り越えて、
普通に高校生活を送れるよう、心の支えをするだけです。

お弁当を作って、明るく「行ってらっしゃい」、「お帰り」を言って、
おいしいご飯をたくさん作って、
ただ、それだけを淡々とするだけです。

心が苦しいです。
過保護で心配症の生来的な性格は変わっていませんから、
今日も、ドキドキでした。

でも、私の高校生活ではないのです。
これは、息子に起こっている、
息子が考えて、成長する機会になる、高校生活の一部分なのです。

だから、知らん顔しておきたい。

がんばれ、わたし!!
余計な心配するな!
余計なこと言うな!
心配な顔するな!
ど~んと構えていろ!!
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-09-18 21:21 | 息子 高1 | Comments(4)

ホントに夏風邪でした

夕方、仕事から帰るとちょっと元気になった息子。

「なんか楽になってきた。」
「おなかすいた~」

と、そのあと、流動食ではなく、
普通にモリモリ食べて、
すっかり元気になった様子。

あ~私は何を疑っていたのだろう。
息子を信じてあげられなかったのは、
なんでだろう。

ホントにつらかった息子に、
私は、なんてことを思っていたんだ…
と自己嫌悪

今朝は元気に学校へ行きました。
あす、あさっては文化祭です。
演劇部の彼は、一番の活躍場となります。
がんばって~
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-09-07 13:23 | 息子 高1 | Comments(27)