反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:息子中3( 34 )

卒業式、息子からの手紙

本日無事に卒業式を迎えました。
受付で、両親への感謝の手紙をもらいました。
ここに、紹介します。

e0232810_17525372.jpg


 「 お母様、お父様へ
 
  中学2年の頃、僕は不登校になりました。
  家では家事の手伝いもせずに、ただただ食べては寝て
  食べては寝てをまるで人形のように繰り返していました。
  僕は学校へ行くのが怖くて、ずっと家にこもりっきりに
  なってしまいました。ですが、母や父は何も言わず
  僕の思い通りにさせてくれました。本当は、母や父は僕の
  ぐうたらな生活を注意すべきだと思っていたに違い
  ありません。僕自身も、自分の生活はいけないことだと
  思っていました。ですが、その時の僕は母や父の気遣いが
  ありがたかったのです。
  学校に行かなきゃいけない、でも怖くて学校に行
  けない、その二つの思いが、僕の中をぐるぐる回って、とても
  悩んでいました。そんな日々が続いたある日、不登校の子を
  施設に連れていく人たちが家に来ました。僕が
  連れて行かれそうな時、母や父はそれを必死に止めてく
  れました。そこで、改めて母や父にどれだけ大切に
  されているのかわかりました。

  直接口で言うのは恥ずかしいのですが、手紙でなら
  言えます。


    今まで育ててくれてありがとう
    

    これからもよろしくお願いします。   」




うれしくって、涙が止まりませんでした。
ドンが不登校だった時の気持ち、
学校に行きたくても、怖くて行けなかったという気持ち
やはり、そうだったのだ、、、と
今、改めて思いました。

そして、不登校復学支援機関(ペアレンツキャンプ)に
頼んで、本当によかった、思いました。

ドンからのこの手紙は私の一生の宝物になります。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-03-09 18:06 | 息子中3
ドンは学校見学で最初に見に行った私立高校が気に入ったので、
「私立専願」にしましたが、私は 公立高校への可能性を捨てきれずにいました。

神奈川県の入試案内なるものを学校から配布されます(教育委員会制作のもの)
それを、目を皿のようにしてみると、QandAに載っていました。
    (↓神奈川県のホームページにも載っています)

   ★特別な事情のある人は?
     (日本語を母語としない人、障害等のある人、長期間欠席した人など)
    
    Q  受検にあたって特別な事情がある人への配慮はありますか。
 
    A  日本語を母語としていない人や障害等により通常の受検が困難な人
      は、受検方法について申請することができます。
      また、病気など特別な理由で中学校を長期間欠席した人は
      選抜方法の取扱いについて申請することができます
      いずれの場合も、申請できる内容や申請するための条件があります。
      中学校の先生等とよく相談して、申請内容について確認してくださ
      い。

この項目を読んだ私は 最後の三者面談で、担任に尋ねました

「息子が、もし公立を受験したいといった場合、この特別な事情に
あたりますか?」

担任は、淡々と資料に目を通して

「1年間の出席日数のうちの 3分の1以上の休みがある場合は、
この特別申請をすることが可能です。
ドン君の場合は、2年の時に72日休んでいるので、可能です」

と言われました。
1年間の総出席日数が、確か200日ぐらいと言われましたので、
まぁ、ぎりぎり 「特別な事情」にあてはまりました。

こういうことを 知っていると、知らないでは、
大違いなのに、担任のほうからは、決して、伝えてくれません。

もし ドンが公立高校を受けた場合は、
校長のほうから「いじめによる不登校」という手紙を添えていただけるうえ、
2年最後の「14」という内申を 別の数字に置き換えて、
判断をされるようでした。

でも、もし、彼が、毎日1時間登校を続けていたら、
この「特別な事情」にも、あてはまらず、
ただ欠席日数の多い 成績の悪い生徒という評価しか
下されなかったことでしょう。

各県のホームページから、「高校入試制度」のところを
しっかり読んでみてください。

不登校対応のある県が意外にあるのではないでしょうか?
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-02-26 00:53 | 息子中3
先日、ドンが合格した学校に行ったついでに
担当の先生にお礼をし、そして聞きたかった質問をしてきました。

「もし、息子の2年最後の成績がなかったら、どう判断されるところでしたか?」

答えは

「中学校の先生にも相談させていただきますが、
不登校前の最終成績を参考にさせていただいていたと思います」

でした。

つまり、復学後すぐに受けた期末の成績が散々でしたので、
2年最後の内申は合計「14」。
不登校前(2年の1学期)の内申合計は「23」でしたから、
明らかに、2年最後の成績がなかったほうがよかったということでしょう。

また、私の勤務校の入試担当の先生にも聞いてみました。
答えは

「中学の先生との話し合いにもよりますが、
たぶん復学後の3年生の成績だけを見るでしょう」
ということでした。

尋ねた先生の回答が その学校の絶対的方針かどうかは、はっきりしませんが、
「中学校との話し合い」という言葉がどちらにも添えられました。

つまりその生徒が、復学後どのように学校生活を送っているのか?
人柄は大丈夫なのか、そして、復学後はしっかり頑張っているのか、、、
そういうことを聞いたうえで、内申点を見るということでした。

ドンが不登校を続けていて、
試験を受けず、また、中学校の先生に
「試験は受けません、成績も出さないでください」
と云えば、成績は出ずに 
私立の内申の判断材料としては利用されずに済んだかもしれません。

ただ、ドンが学校に戻ることを望んでいた私としては、
一日でも早く 学校に戻してあげたかったので、
それが、たまたま 期末1週間前になってしまったのは
残念な結果を生むことになりましたが、
それは、それでよかったと、今は思っています。

ドンは、「14」しかない内申のせいで
受ける私立が限定されてしまいましたが、

「おれ、家で不登校しているときにしっかり勉強しとけばよかった」
と、進路を決めるときに ぼそっ と言っていましたから、
これも、彼にとっては いい経験になったと 思っています。

この情報は、私の勤務校とドンの合格した私立高校の先生の話ですので、
あくまでも 参考程度に読んでくださればいいと思います。

受験する私立によっては 2学期最後の成績が「0」の場合、
そのまま「0」で計算する学校もあるかと思います。

もし、希望している私立がある場合は、単刀直入に、
電話で進路担当の先生に聞いてみてもいいかもしれませんね
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-02-25 23:21 | 息子中3

桜咲く~

本日発表でした072.gif

受験当日は 
「緊張のあまり眠れなかった、、、」
といって、早めに 起きてきましたが、テレビを見ながら
朝食をとって、ゆっくりしていたら、行く時間になり、
あわてて、行く用意を始め・・・・(なんで、前もってできないのでしょうか)
結局、早く起きてきたにもかかわらず、
ぎりぎりに あわてていくこととなりました。

帰ってきた息子は、入試の制度をいまいち理解できていないため
「落ちたかも…」
「英語ができなかった」
と、おちこみ、愚痴愚痴と云い、最後には、開き直って、
今日を迎えました。

専願ですし、高校から受験していいとお墨付きを頂いているので、
100%合格なのですが、
やはり、やはり、この日は格別。

息子から、合格メールをもらい、
私も一段落

ドンと笑顔で、たいめ~んとなるはずが、
仕事から帰ってきて迎えてくれた息子の手には、
包帯。そして
「体育の授業で 骨折したみたい、すぐ、医者に連れって…」と。

はい、おっしゃる通り、小指骨折でした

うれしいけれど、痛~い一日となりました。
この日は、一生忘れないでしょう。

とにかく、合格!!
やったぁ~~~~~~003.gif
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-02-13 22:30 | 息子中3

不登校中の成績

ドンの不登校の始まりは9月だったので、2学期の中間、期末は
ほとんど受けず、受けたところで、授業に出ていないので、
0点に近く、成績表には、1か2か横棒(-)しか付きませんでした。

学校側としては、不登校生の人数を
市の教育委員会に報告し、
地区の教育委員会から、事情等を聞かれ、
いじめの事実や、それにどのように対応してきているのか等
報告しなければなりません。

欠席は、たとえば、体調不良などと書いてしまえば、
うまく逃れられるのだろうけれど、
成績表のほうで、成績が出ないのは、
ごまかしがきかないようで、
息子の担任も、めったに連絡をしてこなかったのに、
試験の前になると、頻繁に、試験だけは受けてもらいたい、、、
を繰り返し 連絡してきました。

結局息子は ペアレンツキャンプで支援を受け
復学を果たしたのが、3学期の学年末テストの1週間前
ということで、3学期の学年末を受けました。

この3学期の期末の成績から、神奈川県は
内申に入ります。
結果は散々で、5段階評価の9科目、足しても14でした。
もちろん予想はしていたので、ショックはありませんでした。

しかし、この試験を受けるかどうか、とても迷いました。
それは、内申書にこの点数を入れていいものかどうか
悩んだからです。

つづく
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-01-22 23:13 | 息子中3

身なり、身だしなみ

めんどくさがり屋で ずぼらな ドンは、
当然のことながら、洋服などにも全く興味を示さず、
いまどきの男の子から かけ離れた ダサい恰好が好きです。
(息子の中学校には制服がありません)

もちろん、そんなことは、本人がいいのだから、
私には 何も云う権利はないのですが、
髪型とか、もう少し気にしてほしいな…と思ったりするわけです。

そんなドンが、朝、鏡も見ず、顔も洗わず、学校に行く前に、
「母さん、フケついてないか見て」
と、最近聞くようになりました。

誰かに、指摘をされたのでしょう。

親でなく、友達や、他人に指摘されるほうが、
よっぽど 効果があるのですね。
(私も、何回かフケ用シャンプー(主人用)を使うように
注意をしてきたのですがね・・・)

人は、外見でなく中身が大事だ~
なんていうのは、後から判断されること。

やはり人の第一印象は、見た目で決まるでしょう。
まず、すっきりと、きちんとした身だしなみ
とても大事ですよね。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2012-01-19 21:48 | 息子中3

ドンの年末

私立高校から 確約をいただいたドンは ゆる~い生活を送っています。
起きてくるのは、昼すぎ、ご飯を食べると、また、2階の自分の部屋で、
PSPをやったり、マンガを読んだり、ウォークマンで音楽を聴いたり。

夕方降りてきて、お夕飯を食べたら、
1時間くらい お風呂に。
お風呂には、飲み物とウォークマンとライトノベルを持ち込み
まったりと自分の時間を楽しんでいます。

受験生からは、程遠い お気楽生活を 送っています。
ただ、塾だけは、休まずに週4回行っています。

昨日の夜7時ごろ、外の気温3度。
いつも、15分、自転車をこいでいく駅前の塾。

過保護の私。あまりの寒さに、のど元まで出かかっていた言葉
「車で送ってあげようか」
を、ぐっと飲み込んで、様子を見ていたら、
手袋をして、さっさと出て行きました。

こういうこと、一つにして、とても成長しています。
いつも、母を当てにして、
「送って~」と言っていた、昔のドンが うそのようです。

わたしも、「送ろうか?」 と、余計な提案を 
ぐっと飲み込めるようになりました。

9時半 もっと外気温が低くなっている中 
自転車で、帰ってきました

「かあさん、おれの手 ちぎれそう」

またまた わたし「えらいね~寒かったでしょう」
という 小さな子供にでもいうような、余計な評価を ぐっと飲み込んで、
「うわぁ~冷たい手だね~」
とだけ、言って、にっこり。

ドンも満足げ。
そして、私も、小さな満足。

めんどくさがりやで、体の重たいドンが
唯一、体を動かす塾への行き帰りの運動すら、
奪ってはいけませんね。

ちなみに、我が家は駅から果てしなく続く強烈な坂の上にあり、
行きはよいよい、帰りは地獄、という環境にあります。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-12-27 09:40 | 息子中3
なにから、書こうか迷います。
嬉しすぎて、涙が出ます。

ドンが希望していた、私立高校の進学科に
進学が確定しました。

神奈川県の私立は 高校側から「受けていいですよ」、と言われれば、
それは、合格ですよ、ということなのです。

その返事を先程、電話で、担任の先生からいただきました。
2年の内申が不登校だったため たったの14(45のうち)しかなく、
今回の25と足しても、全然足りなかったため
だめかもしれないと思っていました。

先週木曜に、学校で3者面談がありました。
担任から 内申が足りてないので、
高校へ行って、個別相談を受けて、
2年の事情をお話のうえ、
ドン君をしっかりアピールしてきてください、
と言われました。

土曜日に、急いで、息子と高校へ出向き、
進路相談を受けました。

2年生で、不登校になってしまったこと、
その結果、2年の内申が14しかないこと、
でも、3年では、一日も休まずに登校し、
頑張ってきたことを全部話しました。

高校の担当の先生は

「内申が足りないけれど、いじめから立ち直って、
今 学校を一日も休まずにいけていることは、
本当にすごいことだよ。よく頑張ったね。
勉強も上向きで、伸びてきているし、
そのことを、考慮にいれましょう」

と言っていただき、 (この言葉に、私は思わず涙…007.gif
今日学校のほうへOKの返事を下さったのです。

担任の先生からの電話で、
「ドン君の受け答えもしっかりしていたし、なにより
お母様の強い思いが伝わった、と伺いました」
とコメントをいただきました

本当に、飛び上るほどうれしく、
ドンにすぐ、報告し、
二人で、ハイタッチをしました。

去年の今頃は、普通科高校への進学は無理かも…
と定時制や、通信制の高校のホームページばかり開けていました。

あきらめずに、前を向いていて良かった。
あきらめずに、復学を望んでよかった。

復学支援をしていただいたペアレンツキャンプの先生に
すぐ報告をし、感謝の言葉を伝えました。

最後に提出した、家庭ノートを見ていただき、
「お母さんも、息子さんも、成長しましたね。
ノートからも、よくわかります」と言っていただきました。
今月で支援も終了となります。

いろいろな方に支えていただき、
ここまで、来れたと思います。

まだまだこれからも、いろいろあることは覚悟をしています。
でも、まず、進路が決まったことに、一安心。
本当に、心から嬉しい気持ちです。

不登校で悩んでいらっしゃる方、
待つことも一つの選択肢ですが、
うちのように、親の対応をプロに見ていただき、
修正をかけたうえで、復学の道を模索することも、
ありだと思います。

明日から、忘年会が、続きます。
おいしいお酒が飲めそうです。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-12-07 18:40 | 息子中3

ドン君の最近

中3の最も大事な期末テストを無難に乗り切ったドンは、
まるで、受験が終わったかのように、ゆっくりとマイペースで過ごしています。

来週 最終の3者面談があります。
そこで、成績表をもらい、いく高校をほぼ決定します。

今回の期末テストは 900点中450点でした。
まぁ、半分は取れたという感じでしょうか。

英語は一学期の8点から すっかり挽回を果たし、今回も48点でした。
社会は、35点でしたが、数学は、前回の35点から大きく躍進の65点、、、
というわけで、塾頼みで 試験前2週間は、ほぼ毎日塾に行き
なんとか、半分を確保できたのでした。

チャ子同様に、勉強嫌いのドンにしては、
毎日の塾通いに抵抗もせず、素直に頑張ったことを
認めてあげたいと思います。

後は、入試本番まで、もう一息というところです。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-11-24 20:50 | 息子中3

オタク道、まっしぐら

ドン君は最近 よく出かけます。
電車に乗って、出かけます。
友達と、カードを買いに行ったりしているようです。

今日は、
「母さん、秋葉原はこっから1時間で着く?」
と、聞いてきたので、
そろそろ、秋葉原デビューの日も近いようです。

たくましくなってきています。
本当に。
明るくなりました。
これで、受験が無ければ、
私は、ただ、ただ、にこにこと笑っていられるのですが…・

なんか、息子は、まるで不登校なんて、
経験してないように、楽しく過ごしています。

よかった~
本当に良かった。
ドンが学校に戻れて。
不登校になった時、あきらめて、不登校を受け入れていたら、
今のドンの笑顔はなかったと思います。

ドンは、今とても楽しそうです。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-10-23 23:55 | 息子中3