反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

どこに真実の思いがあるのか・・・

帰りの飛行機の中では、ほとんど一言もしゃべらず、
不機嫌なままのチャ子でした。


成田空港から家まで帰る2時間の道のりも
無言のままで、ふてくされた娘との
嫌な感じのドライブになりました。


余計なことは言うまいと、我慢をしていた私は
家にたどり着くなり、言いましたl

「ママとの旅行に付き合ってくれてありがとう。
ずっと楽しみにしていた旅行だから、
一緒に行けてうれしかったよ。」

少しでも、何かを感じ取ってもらいたいと思いました。

旅行中、彼との通信手段が絶たれたときには
「あ~あ、つまんない。
もう、二度と一緒に旅行なんか行かないわ!」
とまで、言われました。

私も、心の中で、「私もだ!!」と叫んでいました。
でも、そう言ってしまったら、負けだと思って黙っていました。


返事もせずに、荷物を片付けて、
お土産を持って、さっさと彼の家に行ってしまいました。


なんともいえない気持ちでいた私は、
その後、チャ子のLINEのホーム画面を見て驚きました。


チャ子のホーム画面は、
私と二人で、ニースで並んで撮った写真になっていました。
そして、1ヶ月経った今も、そのホーム画面は変わっていません。


せめてもの、お詫びのしるしなのか、
それとも、本心なのか、、、
だめな母親は、また、チャ子の心がわからず、悩むのでした。
[PR]
Commented by V at 2015-09-27 01:15 x
こんばんは、はじめまして。

これはあくまで私がバジルさんのブログを読んだ感想ですが、私は娘さんからは未熟さ、自信の無さのような物を感じました。
LINEのホーム画面については、それを見た人から「ママと仲いいんだ」「南仏行ってきたんだ、羨ましい」というように、肯定的に見て欲しいんじゃないかな。
自信が無いからこそ、自分を肯定的に見えるようアピールしてみたり、
自信が無いからこそ、自分を大切に扱ってくれるように不機嫌さをアピールしてみているんじゃないかな。
そんな風に感じました。


Commented by yamori at 2015-09-27 12:44 x
バジルさん、こんにちは!

チャ子ちゃんは、自分をさらけ出してバジルさんに甘えているのでしょうか。
どんな自分でも、ママは裏切らないと信じているのですね。

けれども、バジルさんが楽しみにしていた南仏旅行、楽しい旅にしようというチャ子ちゃんの思いやりも期待してしまいます。
最後まで争わず「ママとの旅行に付き合ってくれてありがとう。」と言った、バジルさんの強い心に私は少し泣けました。

ラインのホーム画像は、チャ子ちゃんのお詫びかな?
お互いに賢い母と娘、賢さゆえの苦労でしょうか?
重い空気が予想されても、「一緒に行く?」とチャ子ちゃんを旅行に誘えるバジルさん。
チャ子ちゃんを許し、愛している証拠です。

yamori

Commented at 2015-09-27 16:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by myfirstblog2011 at 2015-09-27 20:35
Vさんへ
ずばり!そのとおりだと思います。
痛いところを指摘されたように思います。
そんな風に育ててしまったのです。
娘に対して、常に多大な要求を突きつけてきました。(10歳くらいまでかな)
きっと自信が無いのですね。ドンと同じです。
ドンはそれで不登校になってしまいました。
でも、もう大人になってしまい、
大切にていると表現できずにいる母です。
LINEでお誕生日コメントを送るとき、
「そのままのあなたが大好き」と何度も伝えてあります。
でも、まだまだそれだけでは足りないのでしょうね。

もう一度、もう一度、深く自分に言い聞かせて、
彼女を愛するように、その愛が伝わるように、
チャ子と向き合わなければいけませんね。
ありがとうございます。
ずばり、当たっているだけに、
響きました。
まっすぐなコメントに感謝です。
バジル
Commented by myfirstblog2011 at 2015-09-27 22:17
yamoriさま
本当は、娘が大好きだし、娘とのいい関係を築きたくて、
何度も、今度こそ!!と期待して、そしてまた、
転んでしまいます。

もう、気を使いすぎて、何をしゃべっていいのかわからなくなり
そして、お互いに無言になり、思い空気が流れます。

あの、高校のときのひどい反抗期から
冗談ですらいえなくなってしまっています

娘の顔色を伺いながらどうしようもなくたたずむ私です。
情けないですね。

愛しているからこそ、これ以上関係を悪化させまいと、
無言になってしまう私です。

お互いに悪循環なのかもしれませんね。

バジル
Commented by myfirstblog2011 at 2015-09-27 22:21
まつこさま
どこでどう歯車が狂ってしまったのでしょうね。
わが娘は、実力がないのに、自分はやれると勝手に思い込み、
高額なお金を払って塾通いを始めては挫折するの繰り返してでした。

母は、何度も何度も娘の言葉を信じては、裏切られ、
それでもなおまだ信じたくって、次々に期待をかけてしまい、
またやってくる裏切りに心砕けるのでした。

大変ですね。
心中お察しいたします。
過ぎ去ってもなおまだ、いろいろと続くわが娘との関係に、
本当に疲れている私です。

お互いに頑張りましょう。
バジル
Commented by エメロン at 2015-09-28 10:33 x
はじめまして。
我が家の状況とうりふたつで、バジルさんのお気持ち痛いほどわかります。
本当に、本当に。
娘をおもいながら、干渉しない。そのちょうどよい加減を見つけるのはとても難しいですね。
何度も娘さんの言葉を信じては裏切られ、それでもまた期待して。よく、わかります。我が家も同じです。いつかきっとわかる日が来ると信じたいですね。
何度も大金をかけては塾をやめたりするのって、私は試されてるのかなって思うときがあります。大金をかけてるのにやめるって言うダメな娘でも受け入れてくれるのって。お母さんが望んだ優秀な自慢の娘じゃなくても、気遣いができる娘じゃなくてもって。母親である自分がそういう娘に育ててしまったのだから、出来るだけの事はこたえてあげたいと思うものの、お金にも限界はあり、無理なものは無理と教えなくてはいけないし、そういうことに全て応じることが愛情ではないとわかってほしいと思いながら、その線引きをするところも難しいですね。
お互い大変ですが、どうぞお身体大切にしてください。まずは自分のことを大切にしましょうね。

Commented by myfirstblog2011 at 2015-09-29 07:32
エメロンさま
限りなく試され続けているように感じる時があります。
ダメなものはダメ、ということの勇気。
大切だと思いながらも、つい娘の要求をのんでしまっています。
どこか後ろめたいんでしょうね。わたし自身が、彼女に対して。

娘の極端な正負の性格と依存性の高さから境界性人格障害を疑っています。それゆえ、わたしの厳しい態度や突き放しがきっかけで、自傷行為や拒食症などの偏った行為が出ないかと恐れているからです。

取り返しのつかないことをしてしまったと、自責の念を感じながら、方向性のわからないわたしなんです。

こんな私を心配してくださってありがとうございます。これからも頑張ります。
バジル
Commented by v at 2015-09-30 23:15 x
こんばんは。
境界性パーソナリティ障害(BPDもしくはボーダー)とは困りましたね。
娘さんが本当にBPDなのかどうかは判りませんが、それを疑うだけのトラブルがあったのでしょう。
ODくらいはやっていそうな気もします。

知っているかもしれませんが、BPDは平気で嘘をついたり、周りを混乱させるような態度をとったり、時には対人操作性を発揮して人間関係を壊してしまったりする、とても迷惑な障害なんですね。
ですが、そういった迷惑行動の裏には、見捨てられるのではという不安や、湧き上がってくる寂しさ、自分を理解してもらえないという辛さがあったりするんです。
そのため、バジルさんが厳しい態度をとったり突き放したりしたところで、悪化することはあっても決して良くなることはありません。
我儘や甘えで問題行動をとっているわけではないんですね。
たとえ娘さんがBPDでなかったとしても、そういう部分は同じなんじゃないかな。
だから、まずは娘さんをもっと理解する事、それが入口なんじゃないかと私は思いますよ。


Commented by myfirstblog2011 at 2015-10-01 07:50
診断を受けたわけではないので、パーソナリティ障害なのかどうかは、わかりません。

いまのところ「BPDは平気で嘘をついたり、周りを混乱させるような態度をとったり、時には対人操作性を発揮して人間関係を壊してしまったりする」
といったところは見受けられませんが、彼女からは「見捨てられ不安」を感じていることは常に親のわたしにも伝わってきています。

だから、突き放したり、彼女を責めたりすることが怖いのです。プログにも書きましたが、リストカットもODも、わたしの知っている限りでは、一回ずつあります。
幸いにも継続性はなさそうですが、今後何がきっかけで常習化するかわからないという不安を常に抱えております。

そして、その病気を調べれば調べるほど、主人もそうなのではと、あてはまる項目がいくつもあるのです。

暖かく見守ることの大切さを実感しております。
Commented by Janis at 2015-10-10 13:22 x
お久しぶりです。Janisです。
バジルさんとまたお話出来てとても嬉しい。

娘は予備校生。高3で一時勉強しましたが、失速し、入試前夜には必ず「今やらなあかんの?」的なことやって夜中まで過ごしてました。
勇気(自信)がないんですよね。まともにやって失敗したらもっと勇気がなくなるから。
チャ子ちゃんとおんなじ。

結局全て不合格。その後毎日遊び倒し、4月になって予備校行かせてと頼んで来て、自分で決めてきましたが、GW明けから行けなくなりました。

予備校行けなくなってからもアイドル関係でネットで知り合った人と会ったり、ライブに出かけたりしています。夜中まで帰らないこともあるけど、家族とも出かけます。

基本、自分を許せてない娘なのでイライラしてます。聞き返すと罵倒される。聞き間違えも恐ろしいです。

お金は、もう無理というところまで来たらきっちりそう言うつもりですが、それまでは何も言わず要求されたら「即」出します。娘に私たち親が教えることは何もない。一切何も聞かず、言いません。娘はなんでもわかってます。できないだけ。

腫れ者扱いしているわけでなく、全て受け入れているつもりです。カウンセラーは「自分の子だったら、今、籠ること・好きな事(逃げること)を徹底してやってもらいたい。力はそこから沸いて来ると思うから」と言ってくれます。私は娘が徹底的に逃げて今好きなこと出来ることを存分にやり尽くすのを見守ることのみ。そのために彼女が要求することは出来うる限り飲む覚悟。子どもは存分に甘えて安心したら自分から離れて行けるというのも私のカウンセラーの信念です。

一日中働いて帰宅したら一日中家にいる娘が汚したリビングでスマホに見入っている。それを横目で見ながら夕食の支度や洗濯の取り込みをする。泣けて来ます。でも、その時だけね。その時のことを思い出して後で泣いたり、明日明後日も同じじゃないかと恐れて泣いたりはしません。したくない。

バジルさん。バジルさんは賢明です。子どものことを子どものせいにせず、自分のことと受けとめている。私もそうなりたいと思うところから始めました。自分が正しくて子どもが間違っていると決めつけないこと。良く生きたいと願わない人はいない。私たちの子どもも良く生きたいと苦しんでいる。

ブログの更新楽しみにしています。長々とごめんなさいね。

娘はよく笑います。
Commented by てるてる at 2015-10-10 17:33 x
バジルさんは、良いお母さんですよ!!
娘さんを付かず離れず見守っておられると思います。

親子といえども傷ついたり許容できないと感じたりすることあります。
仲良し親子だって、病んでなくてもあると思います。

長い人生の通過点です。

私たち、母娘も問題ありです!!

へこたれないで向き合って行きましょうね♪
Commented by myfirstblog2011 at 2015-10-10 19:37
janisさま
本当に勇気の出るコメントをありがとう。
好きなことを好きなだけやらせてあげる!!それって
大事なことなんですね。
私のやっていること、間違いじゃないのね。

先日娘のお誕生日がありました。
ラインで
「いつでも味方でいるから、困ったことがあったり、辛いときは、
頼ってきてね。(お金以外)」と送りました。

ふざけたことを送ったつもりが、
「ありがとう」と返事が来ました。

私も娘を全力で甘えさせてみたいと思います。
いずれ、満足してくれるまで、頑張ります。

本当にありがとう。
これで、かなり甘えさせることに抵抗がなくなったような気がします。
バジル
Commented by myfirstblog2011 at 2015-10-10 19:40
てるてるさま
やさしいコメントありがとうございます。
そうなんです。
私、今でもいろいろ思い出すんです。
チャ子には小さいとき、ずいぶんと我慢を強いて
ドンよりも厳しく、厳しく接してきたな、と。

だめな母親でした。
母親として、問題ありだったなぁ。と、

これからも、一緒に頑張りましょう。
おごることなく、独りよがりになることなく。

バジル
by myfirstblog2011 | 2015-09-26 20:22 | チャコ 大學3年 | Comments(14)