反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

どこに真実の思いがあるのか・・・

帰りの飛行機の中では、ほとんど一言もしゃべらず、
不機嫌なままのチャ子でした。


成田空港から家まで帰る2時間の道のりも
無言のままで、ふてくされた娘との
嫌な感じのドライブになりました。


余計なことは言うまいと、我慢をしていた私は
家にたどり着くなり、言いましたl

「ママとの旅行に付き合ってくれてありがとう。
ずっと楽しみにしていた旅行だから、
一緒に行けてうれしかったよ。」

少しでも、何かを感じ取ってもらいたいと思いました。

旅行中、彼との通信手段が絶たれたときには
「あ~あ、つまんない。
もう、二度と一緒に旅行なんか行かないわ!」
とまで、言われました。

私も、心の中で、「私もだ!!」と叫んでいました。
でも、そう言ってしまったら、負けだと思って黙っていました。


返事もせずに、荷物を片付けて、
お土産を持って、さっさと彼の家に行ってしまいました。


なんともいえない気持ちでいた私は、
その後、チャ子のLINEのホーム画面を見て驚きました。


チャ子のホーム画面は、
私と二人で、ニースで並んで撮った写真になっていました。
そして、1ヶ月経った今も、そのホーム画面は変わっていません。


せめてもの、お詫びのしるしなのか、
それとも、本心なのか、、、
だめな母親は、また、チャ子の心がわからず、悩むのでした。
[PR]
by myfirstblog2011 | 2015-09-26 20:22 | チャコ 大學3年