反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

自転車の鍵

本当に、失くし物の多いチャ子です。
今日は、2個しかないうちの1個の鍵をなくしました。

「自転車の鍵なくしちゃったみたい、駅に迎えに来て~」

とメールが入り、駅に迎えに行きました。

「いつも決まったところへ入れているはずなのに、ないのよ」

バカ娘め!!
と心で思って、でも、笑顔で、

「はい、これラスト1個の鍵。これ失くしたら、自転車動かないからね」
と、ラスト1個の鍵を渡しました。

とにかく、失くしたって、全然悪びれない。
小さな鍵が勝手に動いたような、言いぐさ。

私が小さいときから、ものを与えすぎたせいでしょうか。

私は、洗濯物のピンチ1個取れても、ひもを持ってきて、
直して使うようなところがあるのに、
娘は、失くしたって、至って平気。
この違いは、何だろう。

物があり触れていて、100円ショップなるものができてから、
物を大事にしなくなったのかも。
本当に、ケチんぼの私を見て育ったのか?

とにかく、甘い私は、車で駅へと笑顔で迎えに行ったとさ…
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-11-02 23:52 | 思春期、反抗期の娘(高2)