反抗期と不登校に悩んで children23.exblog.jp

娘(チャ子)と息子(ドン)、主人と私(バジル〉、反抗期に不登校を経験し、悩める母の独り言。英語の先生もしています。


by myfirstblog2011
プロフィールを見る
画像一覧

父親に「死ね」

これは、反抗期かどうか分かりません。
チャ子は、父親が嫌いです。
最近、父親がそばに来ると、露骨に嫌な顔をします。

昨日は、父親がそばを通った際に「死ね」とつぶやきました。

父親も「お前こそ、死ね」と言い返し、
二人で口論になりました。

私は、となりのリビングで、洗濯物を干していました。

二人は、「死ね」以上に恐ろしいことを口に出して、ののしりあいました。

主人は、自分の言いたいことだけ言って、
2階へあがって行きました。

娘には、
「一緒に暮らしている以上、死ね という言葉だけはやめておいた方がいい」
と、諭しましたが、

「あんな奴、親じゃないから!」
と、言い返したきり、何も言わずにいました。

チャ子が小さいときから、私が主人に対して持っていた嫌悪感を
娘は感じ取って大きくなってしまいました。

今も、家族ごっこは続いていますが、私の主人に対する気持ちは、
冷めきっていて、夫婦間の会話は、ほとんどありません。

一時、頑張りましたが、嫌なものは嫌なんです。

子供には、全部伝わってしまっているのですね。
本当に、申し訳ない。
チャ子のせいではないのです。

親が子供に与える影響の大きさを、身をもって体験しています・・・
[PR]
by myfirstblog2011 | 2011-07-29 10:09 | 思春期、反抗期の娘(高2)